知って安心自動車保険

当サイトは自動車保険に関して知って安心・得する情報を紹介しています。

<自動車保険について1>

任意の自動車保険とは?

自動車保険には強制保険の『 自賠責保険 』と任意で加入する『 任意保険 』(以下、自動車保険)があります。この自動車保険は自賠責保険で補償しきれなかった部分をカバーしてくれる保険なのです。

 

自賠責保険では対人賠償に限られていて、事故を起こしてしまった加害者本人の補償はまったくありませんよね。その加害者に対する補償や、車や自転車などのモノへの補償など幅広い補償内容が準備されているのが任意で加入する自動車保険の特徴といえるのではではないでしょうか。

 

また自賠責保険で必ずしも被害者に対して補償を十分に行うことができるわけではありません。死亡させてしまった場合などでは限度額3000万円では賠償金を補うことができないのが現実なのです。そのためその限度額を超えた部分の補償をおこなってくれる自動車保険は自賠責保険とセットで加入することをオススメします。

 

自動車保険を扱っている保険会社はたくさんあります。そのためどの保険会社に入ったらいいのか迷ってしまいますよね。そならないためにもこちらで自動車保険の基礎的な知識を知り、みなさんの保険会社選びに役立ってれればと思います。

 

またこれから紹介する自動車保険は、保険会社によって補償内容が多少差がありますので、すべての保険会社があてはまるものではありませんので、紹介する内容は参考程度にご利用下さい。

基本的な補償は?

自動車保険には基本的な補償内容があります。こちらではその補償内容を紹介します。

■対人賠償

自動車事故により歩行者または相手の車に乗っていた方、自分の車の同乗者など他人を死傷させてしまった場合の補償です。自賠責保でも補償されていますが、その限度額を超えてしまった部分について補償されるのです。

つまり、自動車事故により相手の方を死亡させてしまった時に賠償金額は8000万円だった場合、自賠責保険では限度額の3000万!超えてしまった5000万円を補償するということになります。この補償は無制限で加入することをオススメします。

 

■対物賠償

自動車事故により相手の車または自転車など他人のモノを壊してしまった時の補償となります。その他にもガードレールや壁など他人の財物に対しての補償となります。つまり自分の家の壁などは自分のものとみなされ対象外となります。

高級車にぶつけてしまったり信号機を壊してしまった場合などは高額の賠償金額を請求されることになりますので、十分な保険金額で契約しておくことをオススメします。意外に知られていませんが、公共物は事故で壊してしまった場合、かなりのお値段になります。調べてみるとビックリ留守するでしょう。

 

■搭乗者傷害

搭乗者傷害に加入している車に乗っているすべての人のケガや死亡に契約金額を限度額として補償をおこないます。

つまり妻と子ども2人の4人でドライブ中に他の車にぶつけられそれぞれケガを負ってしまった場合。1人につきその限度額を上限に補償が受けられるのです。

 

■無保険車傷害

保険に入っていない車との事故で運転者または同乗者が死亡したり、後遺障害を負ってしまった場合、相手側から充分な補償が受けられなかった場合に補償されます。

 

以上基本的な補償内容を紹介しましたが、保険会社によっては補償の内容が違ってきますので目安として参考にして下さい。加入する場合は窓口などでそれぞれの補償内容をきちんと確認することをオススメします。